特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計文書

自民、前次官の喚問拒否 野党「納得できぬ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、自民党の竹下亘国対委員長と民進党の山井和則国対委員長が26日午前、国会内で会談した。山井氏は民進、共産、自由、社民の野党4党の総意として、「総理のご意向」などとして早期開学を促されていた文書が存在すると発言している文部科学省の前川喜平前事務次官の証人喚問を要求。これに対し、竹下氏は「必要ない。政治の本質に何の関係もない」などと拒否する考えを伝えた。【真野敏幸、光田宗義】

 また、山井氏は、安倍首相が出席する衆院予算委員会の集中審議を開くよう求めたが、竹下氏は「首相が海外出張中で即答はできない」などとして回答を留保した。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文614文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集