メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統幕長

定年再延長 野党、「ありがたい」発言批判

河野克俊統合幕僚長=竹内紀臣撮影

 防衛省は25日、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長(62)の定年を来年5月27日まで1年間延長すると発表した。28日付。河野氏の定年は昨年11月に今月27日まで6カ月間延長されていた。同省によると統幕長の定年が2度延長されたのは初めて。安倍晋三首相の改憲提案を「ありがたい」と歓迎した河野氏の発言を野党が批判する中、異例の定年延長はさらに波紋を広げそうだ。

 稲田朋美防衛相は25日の参院外交防衛委員会で、河野氏の発言について「憲法という高度な政治問題を『統幕長の立場で申し上げるのは適当でない』と明確にしつつ、個人の感想を述べた。(憲法99条の)憲法順守義務との関係では問題ない」と擁護した。

 一方、共産党の井上哲士参院幹事長は同委で「自衛隊の服務宣誓も憲法順守を明記している。統幕長を罷免すべきだ」と批判。民進党の蓮舫代表も記者会見で「望ましい発言とは決して思わない。責任ある立場で、こうした発言は厳に慎むべきだ」と苦言を呈した。

 河野氏は25日の会見で「発言に全く政治的意図はない」と説明した。自衛隊法は自衛官の定年を最大で3年延長できると規定。河野氏は自衛隊内でも米軍と特に太いパイプを持つとされ、安倍政権内で評価が高い。【木下訓明、前谷宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
  2. タクシー セダンからミニバンへ 次世代型で街中一変
  3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
  4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
  5. 基礎控除 高所得者減額検討 2500万円超はゼロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]