メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損害賠償金

重大犯罪「逃げ得」 支払い、32件で4.3%

 殺人などの重大犯罪で、加害者が被害者側に対し、損害賠償金を支払わないケースが相次いでいる。弁護士グループが約10年間に担当するなどした32事件を調べたところ、18事件で支払いが全くなく、支払われた総額も賠償確定額(9億5436万円)の4・3%(4197万円)にとどまった。加害者の経済力が乏しく、不払いに罰則もないことなどが背景にあり、専門家は「被害者が報われていない現状を踏まえ、支援制度を拡充する必要がある」と指摘している。【茶谷亮】

 犯罪被害者への賠償金の支払い実態調査はほとんど行われておらず、弁護士有志で作る「犯罪被害者支援弁護…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  3. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  4. 堺・弟殺害 父殺害容疑で再逮捕 遺体から睡眠薬
  5. 東京・高円寺 郵便局に刃物男、何も取らず逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです