メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTを生きる

性的少数者 第2部/5 人材派遣会社「アットキャド」・山崎和美さん(42) /埼玉

一人一人の違いを大切に 活躍の場提供へ社員教育

 東京・渋谷のオフィス街にあるビルの一室で4月下旬、人材派遣会社「アットキャド」の山崎和美さん(42)=和光市在住=がLGBT当事者(23)と向かい合っていた。同社はLGBTへの理解を深める取り組みを進めており、社員教育を兼ねた面談だった。

 この当事者は生まれつきの性は女性だが、今は男性として生活するトランスジェンダー(心と体の性が一致しない人)。最近、タイで乳房と子宮を摘出する性別適合手術を受けたという。

 県内で4年前から造園業の仕事をしており、「力仕事で負けないように筋力トレーニングをして、あとはやる…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです