メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 京都外国語大 シニア向け生涯学習充実 /京都

「シニア世代のためのフランス語」講座で映画のシナリオを題材に学ぶ受講者ら=京都市右京区の京都外国語大で、野口由紀撮影

「学び直したい」に応え

 京都外国語大(京都市右京区)は地域に開かれた大学を目指し、生涯学習講座を2005年から開いている。特にここ数年は、外国語を学び直したいというシニア層のニーズに応え、講座を充実させている。

 「コマンタレブ? サバ?」(ご機嫌いかがですか?)「サバ!」(元気ですよ)。15年度に始まった「シニア世代のためのフランス語」講座。今月17日、兼山美幸・非常勤講師の授業が始まると、いきなりフランス語が飛び交った。60代を中心とした生徒14人は、フランス映画「愛と宿命の泉」の1シーンを見た後、シナリオを音読し、一文ずつ日本語に翻訳していく。兼山講師は…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです