メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和木ロシア祭り

「人類愛、後世に」 バルチック艦隊乗組員救助を記念、江津であす /島根

「イルティッシュ号」の遺品として展示された航海灯=島根県江津市和木町で、関谷徳撮影

 日露戦争の日本海海戦で、江津市和木町の真島沖に沈没したロシア・バルチック艦隊の乗組員を町民らが救助したことを記念した「和木ロシア祭り」が28日、和木地域コミュニティ交流センターで開かれる。

 1905(明治38)年、特務艦イルティッシュ号が沈没し、乗組員235人が救助された。翌年から開かれてきたとされる祭りは2007年に「和木まちおこしグ…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです