メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水害防止

排水訓練 四万十市で国交省事務所 /高知

日本最大級の排水ポンプ車を使いホースの接続訓練をする参加者=高知県四万十市実崎の中筋川で、真明薫撮影

 梅雨や台風による浸水被害を防ごうと、国土交通省中村河川国道事務所は26日、四万十市実崎の中筋川沿いで、建設業者らを対象に排水ポンプ、照明車の設置、稼働訓練を実施した。

 同事務所には毎分150トンを排出できる日本最大級の排水ポンプや、同60トンと同30トンの排水ポンプ車と照明車2台がある。昨年9月2…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです