メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露介入疑惑 クシュナー氏、FBI捜査対象に トランプ氏娘婿 米報道

 【ワシントン岩佐淳士】米大統領選にロシア政府とトランプ大統領陣営が協力して介入したとの疑惑で、米紙ワシントン・ポスト(電子版)とNBCテレビは25日、米連邦捜査局(FBI)がクシュナー大統領上級顧問の動きを捜査対象にしていると報じた。クシュナー氏はトランプ氏の娘婿で、政権の核となる人物。ただ、具体的な容疑などは特定されておらず、現時点で本格捜査が進むかどうかは不透明だ。

 クシュナー氏は、トランプ氏の大統領選勝利後の昨年12月、ロシア政府系「対外経済銀行」(VEB)のセルゲイ・ゴルコフ頭取と面会した。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです