原子力規制委

国会、更田委員長に同意 原発審査、路線踏襲か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
更田豊志氏
更田豊志氏

 衆院は26日の本会議で、原子力規制委員会の田中俊一委員長(72)の後任に更田(ふけた)豊志委員長代理(59)を起用する人事案を自民、公明、民進、維新などの賛成多数で可決した。参院は24日の本会議で可決しており、就任に必要な国会の同意が得られた。任期は5年。更田氏の後任の委員には、大阪大副学長の山中伸介氏(61)を起用する。両氏は9月19日付で就任し、田中氏は退任する。

 更田氏は水戸市出身で、東京工業大大学院を修了し、日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)に入所。原子炉の核燃料が破損した際の影響など、原発の安全性に関する研究が専門。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集