メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

英国から見る日本の「生きにくさ」 ゲスト・ライター、ブレイディみかこさん(その2止)

「社畜」を再生産する、日本人の「中流の呪い」

 ブレイディ 帰国するたびに、ますます社会が萎縮していると感じます。しかも、にこにこしながら。怒ることさえ許されない。職を失う恐怖感があって、声も上げられない。

 武田 日本人の「中流の呪い」ですよね。「中の下の下」でも「自分は中流なんだ」と安堵(あんど)したい。中年向けの男性週刊誌で読者にウケるネタは、「高給取りが独立したら低所得になった」事例集だそう。正社員で残業しまくって年収400万円の読者が、「下手に動いたら、ほら、ひどい目にあうじゃん」とほくそ笑む。

 ブレイディ まさしく緊縮マインドですね。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです