特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

露介入疑惑 FBI、クシュナー氏捜査対象 米報道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン岩佐淳士】米大統領選にロシア政府とトランプ大統領陣営が協力して介入したとの疑惑で、米紙ワシントン・ポスト(電子版)とNBCテレビは25日、米連邦捜査局(FBI)がクシュナー大統領上級顧問の動きを捜査対象にしていると報じた。クシュナー氏はトランプ氏の娘婿で、政権の核となる人物。ただ、具体的な容疑などは特定されておらず、本格捜査が進むかどうかは不透明だ。

 クシュナー氏は、トランプ氏の大統領選勝利後の昨年12月、ロシア政府系「対外経済銀行」(VEB)のセルゲイ・ゴルコフ頭取と面会した。VEBは、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の一方的編入を巡りオバマ前政権が発動した制裁の対象となっており、やり取りなどにFBIが関心を示している可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文746文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集