メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

来月中に法定協初会合 市議会修正案可決

 大阪市議会は26日の本会議で、市を廃止して特別区を設ける「大阪都構想」の制度案を議論する法定協議会(法定協)の修正規約案について、大阪維新の会と公明党などの賛成多数で可決した。府議会でも6月9日までの会期中に成立する公算で、来月中に法定協の初会合が開かれる見込み。ただ、公明は都構想自体には反対で、府市が目指す2018年秋の住民投票が実現できるかは不透明だ。

 規約案の主な修正点は、特別区と並行して「総合区」も協議できる▽委員の過半数で知事と市長に会長解任の申し入れができる▽過半数の委員の請求で会長は会議を招集する--など。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです