特集

GetNavi

アイテム情報サイト「GetNavi web」の提供記事を掲載します。デジタル製品や生活家電、ガジェットだけでなく、カルチャーやグルメなど、「いま知っておきたい」情報がたっぷりです。

特集一覧

家電

クルマの「ぬる~いドリンク」がついに解決! ソケット給電で冷たさをキープする約3000円のドリンクホルダーが大人気(GetNavi web)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

情報提供:GetNavi web

クルマのドリンクを飲んだら、あまりのぬるさに気分が悪くなった…なんてことはありませんか? とはいえ、小さな冷蔵庫を置くスペースもないし、あまり面倒な改造もしたくないですよね。今回、そんなユーザーのニーズに応え、サンコーは手軽に保冷保温ができるドリンクホルダー「車載用温冷ドリンクホルダー」を発売しました。価格は2980円です。

 

12Vシガーソケットと接続するだけで保冷・保温ができるドリンクホルダー

 

【SPEC】●サイズ/質量:W100×D100×H160mm/347g●ホルダー内径:72×深さ65mm●プレート温度範囲:最小-2°/最大60°【SPEC】●サイズ/質量:W100×D100×H160mm/347g●ホルダー内径:72×深さ65mm●プレート温度範囲:最小-2°/最大60°

 

本機は最大約-2°まで冷却されるプレートを搭載し、ホルダーに飲み物を入れておくと、冷たいままキープできるのが大きなメリット。搭載するプレートは最大60℃まで温められるため、冬にはドリンクの保温にも使えます。

↑ボタンひとつで保冷と保温に切り替え可能↑ボタンひとつで保冷と保温に切り替え可能

 

ホルダーの内径は7.2cm、深さ6.5cmとなっており、ショート缶やボトル缶のコーヒーから、350mlのドリンク、500mlのペットボトルなど、一般的な飲み物のサイズに幅広く対応しています。

 

本体の設置はクルマに常設されているドリンクホルダーに置き、付属のケーブルでドリンクホルダーとクルマの12Vシガーソケットを接続するだけでOKです。いつでもドリンクが冷たいまま、あるいは温かいままキープでき、設置もラクとあって、すでに直営サイトでは品切れとなるほどの人気ぶり。安定感はどうか? シフトチェンジ時に邪魔にならないか? という点は気になりますが、もしそれが問題なければ、1年を通して重宝するのは間違いありません。入荷予定は6月中旬となっていますが、それまで待ってみてはいかがでしょうか。

20170528-s7 (4)↑ドリンクホルダーに入れ、ケーブルでシガーソケットと接続するだけで設置完了

【関連記事】
高コスパで女性でも扱いやすい! レイコップ史上最小・最軽量で吸引性能も高めたふとんクリーナー「RN」が誕生
トップクラスの高級炊飯器、象印「極め炊き」が進化した! 121通りを誇る食感炊き分けの「振り幅」が格段にアップ
除湿機は持ち運んで使うべし! デロンギより設置面積A4サイズのコンパクト衣類乾燥除湿機が登場
人気の「ビートウォッシュ」に賢すぎる新モデル登場! 洗剤の種類と汚れに応じて洗い方を変え、ダニ退治にも対応
【コードレス掃除機比較】収納時が最も美しいモデルとは? ダイソンの運転音の印象はどう?「設置性・運転音」徹底テスト

情報提供:GetNavi web

あわせて読みたい

注目の特集