名人戦

佐藤が攻め込む 第5局2日目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 佐藤天彦名人(29)に稲葉陽八段(28)が挑戦し、2勝2敗のタイで迎えた第75期名人戦七番勝負の第5局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、岡山県倉敷市、市文化振興財団地元主催)は27日午前、倉敷市の料理旅館「鶴形」で2日目の対局が始まった。

 両対局者が前日の手順を再現し、立会の福崎文吾九段が「封じ手は2四飛です」と読み上げた。本命視されていた手で、対…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集