メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設

反対集会に2000人 護岸工事着手1カ月

辺野古移設阻止を求めて集会に参加した人たち=沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で2017年5月27日午前10時45分、佐藤敬一撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、政府が埋め立ての第1段階となる護岸工事に着手してから1カ月が過ぎる中、移設阻止を目指す大規模な集会が27日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前であった。約2000人(主催者発表)が参加し、「絶対に新基地は造らせない」などと声を上げた。

 集会は移設に反対する翁長雄志知事を支える団体や政党、企業で構成する「オール沖縄会議」が主催。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです