那須の雪崩

事故2カ月 「雪ない現場、悔しい」 遺族ら献花 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雪崩事故現場近くの献花台で、亡くなった浅井譲さんを悼む父慎二さん(右)ら=那須町湯本で
雪崩事故現場近くの献花台で、亡くなった浅井譲さんを悼む父慎二さん(右)ら=那須町湯本で

 那須町湯本の雪山で登山講習会に参加した県立大田原高山岳部の生徒7人と教諭の計8人が死亡した雪崩事故から2カ月となった27日、遺族や講習会に参加した生徒の保護者らが事故現場近くの献花台を訪れ、犠牲者の冥福を祈った。

 「今日も来たよ」。亡くなった大田原高山岳部の浅井譲さん(当時17歳)の父慎二さんは、譲さんの妹や祖父母4人と共に訪れた。慎二さんは献花台に来るのは3回目だったが、初めて譲さんの妹も同行した。濃霧に包まれ、何も見えなくなった現場を見上げながら、6人は譲さんに思いをはせ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

あわせて読みたい

注目の特集