メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

日本の経済活性化策、あす前橋で 働き方改革や生産性の向上テーマ /群馬

 元金融アナリストで日本の文化財に詳しい英国人、デービッド・アトキンソン氏の講演会が29日午後2時半~4時半、前橋市元総社町2の群馬建設会館大ホールで開かれる。テーマは働き方改革や生産性の向上。無料。

 アトキンソン氏は「新・所得倍増論」「新・観光立国論」などの著書があり、現在、寺社仏閣の修復や施工を手がける「小西美術工藝社」(東京都港区)の社長。

 講演では、「労働現場における生産性が先進国最下位」「1人あたりの輸出額が世界第44位」などのデータを基に日本の現状を紹介し、経済活性化策などについて話すという。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです