メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・取材前線

信州通訳案内士、10人誕生 世界水準の山岳観光に 国外に積極広報へ /長野

山の歴史を説明する信州山岳高原観光特例通訳案内士の青山淳一郎さん=茅野市で

 県は2019年までに年間200万人の外国人観光客誘致を目標に掲げる。昨年の来県者は延べ116万人。誘客へ期待されるのが、今年4月、10人が誕生した、外国人登山者を外国語で案内する「信州山岳高原観光特例通訳案内士(以下、信州通訳案内士)」。地域限定で外国人をガイドできる「特例通訳案内士」に、語学力だけではなく、山岳の知識も求めるのは全国唯一だ。【安元久美子】

 県が信州通訳案内士の創設に乗り出したきっかけは、13年夏に駒ケ根市の中央アルプス檜尾(ひのきお)岳…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1274文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです