メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・取材前線

信州通訳案内士、10人誕生 世界水準の山岳観光に 国外に積極広報へ /長野

山の歴史を説明する信州山岳高原観光特例通訳案内士の青山淳一郎さん=茅野市で

 県は2019年までに年間200万人の外国人観光客誘致を目標に掲げる。昨年の来県者は延べ116万人。誘客へ期待されるのが、今年4月、10人が誕生した、外国人登山者を外国語で案内する「信州山岳高原観光特例通訳案内士(以下、信州通訳案内士)」。地域限定で外国人をガイドできる「特例通訳案内士」に、語学力だけではなく、山岳の知識も求めるのは全国唯一だ。【安元久美子】

 県が信州通訳案内士の創設に乗り出したきっかけは、13年夏に駒ケ根市の中央アルプス檜尾(ひのきお)岳…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです