信州・取材前線

信州通訳案内士、10人誕生 世界水準の山岳観光に 国外に積極広報へ /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山の歴史を説明する信州山岳高原観光特例通訳案内士の青山淳一郎さん=茅野市で
山の歴史を説明する信州山岳高原観光特例通訳案内士の青山淳一郎さん=茅野市で

 県は2019年までに年間200万人の外国人観光客誘致を目標に掲げる。昨年の来県者は延べ116万人。誘客へ期待されるのが、今年4月、10人が誕生した、外国人登山者を外国語で案内する「信州山岳高原観光特例通訳案内士(以下、信州通訳案内士)」。地域限定で外国人をガイドできる「特例通訳案内士」に、語学力だけではなく、山岳の知識も求めるのは全国唯一だ。【安元久美子】

 県が信州通訳案内士の創設に乗り出したきっかけは、13年夏に駒ケ根市の中央アルプス檜尾(ひのきお)岳(2728メートル)付近で起き、男性4人が死亡した韓国人ツアー客の遭難事故。参加者の多くは日本の高山の登山経験がなかった。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1274文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集