G7

温暖化対策、形骸化も 米、後退姿勢鮮明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 温室効果ガス削減に向け、昨年11月に発効した国際的枠組み「パリ協定」。昨年の伊勢志摩での主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)の首脳宣言では「着実な実施」について言及するなど一定の成果があったが、今年のサミットでは気候変動対策に消極的なトランプ米大統領に国際社会が振り回された。

 「サミットの成果は見通しにくいが、米国以外の国での気候変動への取り組みは着実に進んでいる。もめているのは米国だけだ」

 人為的な気候変動に懐疑的なトランプ氏の動向が盛んに報じられる中、環境省の担当者はいらだっていた。再生可能エネルギーが各国でビジネスとして成長する中、「G7の議論が全をコントロールするわけではない」とも強調する。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文676文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集