メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7首脳会議

難民問題、議論深まらず 伊の草案、米が一蹴

 【タオルミーナ(イタリア南部)賀有勇】イタリアのタオルミーナで開かれていた主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)は27日討議を終了した。議長国イタリアには、難民・移民受け入れの最前線であるシチリア島で、問題の根本的な解決に向けて意見を一致させたいとの思惑があった。だが、米国の激しい反発を背景に、議論は深まらなかった。

 サミット最終日の27日には、議長国イタリアが招待したアフリカ5カ国を交えた拡大会合で、アフリカの開発支援などを話し合った。トランプ米大統領の遅刻で30分以上ずれこんだ会議の冒頭、ジェンティローニ伊首相がイタリア語で話すために翻訳用のヘッドホンを付けるよう呼びかけたが、トランプ氏は付けなかった。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです