メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

毎日新聞「愛読者セット」ならデジタル紙面は無料! パソコン、タブレット、スマホで読める 無線LANでより快適に

[PR]

 新聞にデジタルの便利さをプラスする「愛読者セット」はインターネット接続が不可欠ですが、Wi-Fi(ワイファイ)と呼ばれる無線を使うとさらに便利です。4月の新生活スタートが一段落した今、「ニュースサイトの歩き方」の8回目は、ネット環境の整備について解説します。

ニュースサイトの歩き方(8) 閲覧スピードアップ

 ■タブレットは無線が前提

 光ファイバー回線やケーブルテレビ回線、あるいは電話回線を活用するADSLといった有線でインターネットにつなぐのが今も一般的でしょう。据え置き型のデスクトップパソコン(PC)からLAN(ラン)ケーブルでそれらの回線につなぎます。

 しかし、タブレット端末にはPCのようにLANケーブルを接続する差し込み口がありません。このため有線ではなく無線を使ってネットにつなぎます。

 ■ベッドで紙面ビューアー

 それがWi-Fiです。無線LANとも呼ばれ、室内利用にぴったりです。例えば光回線やケーブルテレビ回線への接続口があるダイニングから離れた寝室でベッドに寝転んだまま、毎日新聞の朝刊をタブレットの紙面ビューアーで読むことができます。

 ■たくさんの機器につながる

 無線によるネット接続には「Wi-Fiルーター」と呼ばれる通信機器を使います。Wi-Fiルーターを設置すれば、書斎や子供部屋のノートPCやタブレット、スマートフォンのほか、プリンターやドキュメントスキャナーなどのPC周辺機器、据え置き型や携帯型のゲーム機、電子書籍の専用端末、さらにテレビにつないだネット動画サービス用端末など、室内にある複数の端末すべてがネットにつながります。

 ■スマホも家ではWi-Fi

 「スマホでネットを利用するのにWi-Fiが必要?」との疑問が湧くかもしれません。最近のスマホは4Gと呼ばれる高速通信が可能です。携帯電話の主要3社の通信エリアも広がっており、都市部ではほとんどの場所でつながるでしょう。

 ただ電波の状態がいまひとつ、という郊外では、圏外になることもあります。

 また、スマホのネット接続にはデータ通信の料金が発生します。家族でデータ通信を分け合うなど各社ともお得なデータ料金プランを用意していますが、せっかく自宅に光回線など有線でネット接続する環境があるならば利用しない手はありません。自宅では携帯電話会社の回線は使わず、Wi-Fiを利用すれば、有料のデータ通信を使わずに済みます。

 ■最新型「11ac」は高速

 無線LANに複数ある通信規格のうち、従来主流だった「IEEE802・11g」(略して「11g」)や「11n」よりも、最新型で高速の「11ac」という規格のWi-Fiルーターが発売されています。価格も発売当初はやや高価でしたが、現在は4000円台程度からとこなれて普及してきました。調査会社のBCNが量販店データを基に調べたところ、11acタイプのWi-Fiルーターの販売比率は2014年4月に35%だったのが、同年11月には旧型の11nタイプを上回って新旧交代となり、17年4月は85%になっています。

 最新型はアンテナを増やして死角を減らし、電波が飛ばないエリアを少なくする製品があります。面倒な設定もスマホのアプリで二次元コードを読み込んだり、本体のボタンを押したりするだけで済むよう改善されています。家族全員がネットに同時に接続しても通信速度が遅くなったり不安定になったりせず、電波も部屋の隅々まで届くよう性能が向上しています。

 Wi-Fiルーターを11nから11acに置き換えると、規格上の理論値で最大約11倍も速くなり、閲覧スピードがアップします。高画質の動画配信サービスでも途切れたり、かくかくしたりしないのでスムーズです。

サイトで簡単会員登録

 愛読者セットを利用するには「愛読者会員」にご登録ください。パソコン(PC)、タブレット、スマホのいずれでも簡単に手続きできます。毎日新聞のニュースサイト(https://mainichi.jp/)の画面上にある「愛読者セット」のマークをクリックし=写真<1>、開いた「愛読者セット案内」ページで「愛読者会員登録」を選びます=同<2>。「毎日ID会員情報入力画面」が表示されたら、メールアドレスや氏名など必須項目を入力。返信メールが届いたら、そのメールに記載されたURLにアクセスして手続きを進めてください。


あなた好みのニュースが届く 「メッセンジャー」配信開始

スマホで表示した「毎日新聞ニュースメッセンジャー」のイメージ

 毎日新聞社は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェイスブックで、「メッセンジャー」機能を活用したニュース配信サービスを始めました。午前7時と午後7時の1日2回、最新のおすすめのニュースを通知します。

 「毎日新聞ニュースメッセンジャー」はフェイスブックにログイン後、登録ページ(http://m.me/mainichishimbun/)にアクセスして対話形式の簡単な質問に答えると、すぐに使えます。最新ニュースやアクセスランキング、ホットワード(注目のニュースキーワード)が選べます。使えば使うほど、読みたいと思うニュースが届けられるようになります。「あとで読む」に保存したり、フェイスブック上の友人と共有したりする機能も。チャットボットと呼ばれる最新技術で実現しました。

 サービスは全て無料で利用できます。どうぞご活用ください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです