東京六大学野球

春季リーグ 慶大先勝V望み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京六大学野球は27日、神宮球場で最終週の早慶戦1回戦が行われ、慶大が清水翔(4年・桐蔭学園)と柳町(2年・慶応)の満塁本塁打で早大に先勝した。1試合2本の満塁本塁打は戦後リーグ史上初。28日の2回戦も勝てば6季ぶり35回目の優勝が決まる。敗れると、立大の1999年秋以来35季ぶり13回目のリーグ制覇になる。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文431文字)

あわせて読みたい

ニュース特集