エジプト軍

リビアの過激派組織を空爆 テロの報復

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】エジプト空軍は26日、隣国リビアの東部デルナにある過激派組織の訓練キャンプを空爆した。エジプト中部ミニヤ県で起きたコプト教(キリスト教の一派)信徒を狙ったテロ事件の実行役がこのキャンプで訓練を受けるなどしていたため、報復攻撃に踏み切ったとしている。エジプトメディアが伝えた。

 ミニヤ県では26日、コプト教徒が乗ったバスが覆面姿の集団…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集