イスラム教徒

ラマダン始まる 各国、ISテロを警戒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イスラム教徒が多い中東などで27日、イスラム暦の断食月「ラマダン」が始まった。過激派組織「イスラム国」(IS)は近年、ラマダン中にイスラム教徒の信仰心が高まることにつけ込み、異教徒などへのテロ攻撃を呼びかけており、各国はテロへの警戒を強めている。

 AP通信などによると、ラマダン初日の27日午前8時半ごろ、アフガニスタン東部ホースト県のスタジアム近…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集