メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢ドライバー

死亡事故、年400件超 踏み間違いなど

75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故の推移

 警察庁によると、75歳以上の運転免許保有者数は2016年末で513万人となり、10年前から倍増した。これに伴い、高齢ドライバーによる交通事故が社会問題化している。

 全国の死亡事故件数は減少傾向にあるが、75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は最近10年以上、400件超の高水準を維持。16年は459件で、全体の13.5%を占めた。06年の7.4%から大幅に上昇している。不適切なハンドル操作や、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどが原因のケースが多い。

 こうした状況を背景に今年3月、高齢ドライバーに対する認知機能のチェックなどを強化する改正道路交通法…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです