クラスター爆弾製造

日本4社が投融資 NGO報告書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 クラスター爆弾を製造する企業に対して今年3月までの約4年間、世界の金融機関計166社が310億ドル(約3兆4000億円)を投融資し、日本の4社も含まれていることが分かった。クラスター爆弾禁止条約の批准国の中では、日本の金融機関数が最多だった。クラスター爆弾の全面禁止を訴える国際NGO「PAX」(拠点・オランダ)が23日に報告書を発表した。

 PAXは2013年6月~今年3月、クラスター爆弾を製造する米中韓の6社の取引を調査。報告書で挙げられた日本の4社は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(9億1400万ドル)▽三井住友フィナンシャルグループ(6億600万ドル)▽オリックス(3億5400万ドル)▽第一生命(4000万ドル)。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文717文字)

あわせて読みたい

注目の特集