メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラスター爆弾製造

日本4社が投融資 NGO報告書

 クラスター爆弾を製造する企業に対して今年3月までの約4年間、世界の金融機関計166社が310億ドル(約3兆4000億円)を投融資し、日本の4社も含まれていることが分かった。クラスター爆弾禁止条約の批准国の中では、日本の金融機関数が最多だった。クラスター爆弾の全面禁止を訴える国際NGO「PAX」(拠点・オランダ)が23日に報告書を発表した。

 PAXは2013年6月~今年3月、クラスター爆弾を製造する米中韓の6社の取引を調査。報告書で挙げられた日本の4社は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(9億1400万ドル)▽三井住友フィナンシャルグループ(6億600万ドル)▽オリックス(3億5400万ドル)▽第一生命(4000万ドル)。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです