メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
エジプト

連日の空爆 リビア東部、テロ実行役の拠点

エジプト中部ミニヤ県の地図

 【カイロ篠田航一】エジプト中部ミニヤ県で起きたコプト教(キリスト教の一派)信徒襲撃事件を受け、エジプト軍は27日、実行役グループの拠点とされるリビア東部デルナの訓練キャンプを空爆した。

 2日連続の攻撃となり、エジプト治安当局の強い危機感が浮き彫りになっている。

 襲撃事件は26日昼に発生。首都カイロから約200キロ南のミニヤ県で、コプト教徒を乗せて修道院に向かっていたバスが戦闘服姿の10人ほどのグループに銃撃され、子供を含む29人が死亡、20人以上が負傷した。

 テロを受け、エジプト軍は実行役の拠点とされるデルナの過激派訓練キャンプを即座に空爆し報復。過激派組…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文642文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです