メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

佐久間良子さん/2 芝居も書も無の心で

佐久間良子さん=東京都港区で2017年5月、根岸基弘撮影

 36歳で日展に入選させていただいても、当時は女優の仕事が手いっぱいで、ゆとりを持って筆を握ることができたのは40代、50代になってからでしょうか。

 書家の先生、書を楽しむ人にも、いろんなスタイルがあります。私は静かな別荘などにこもって書くことが多いかしら。自宅にいると、電話がかかってきたり、荷物が届いたり。静かに和紙と対話する時間を持つのが難しい。

 大切なことは、うまく書こうと思ってはだめ、ということ。筆を握り、ただただ「書く」という一事に専心す…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです