メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

辻田真佐憲(近現代史研究者) 「理想の日本人像」変遷追う 『文部省の研究』刊行

辻田真佐憲さん=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2017年4月、西本勝撮影

 文部省(現文部科学省)の歴史を軸に、近代以降の教育の展開をたどった『文部省の研究』(文春新書)を、近現代史研究者の辻田真佐憲さんが刊行した。「理想の日本人像」をキーワードに、人材育成の理念がどのように変遷してきたかを追ったユニークな著作だ。戦後、保守対革新の構図で捉えられてきた教育を、より長いスパンから相対化した視点で論じている。

 辻田さんはこれまで軍歌や君が代などを研究してきた。「政治と文化・芸術の関係が関心の対象だ」と言う。…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1511文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです