メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英自爆テロ

1週間 リビア戦闘、転機か カダフィ政権崩壊時 実行役参加

 【マンチェスターで三沢耕平、ロンドン矢野純一】英中部マンチェスターで起きた自爆テロ事件は、29日で1週間となる。英警察は27日、実行役サルマン・アベディ容疑者(22)の写真を公開し、テロに至る経緯の解明を急いでいる。アベディ容疑者は、カダフィ政権が崩壊した2011年に混乱状態のリビアに渡り戦闘に参加した後、イスラム教の過激派組織「イスラム国」(IS)に染まっていったとみられている。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです