メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「ロウハニ流」の行方

イラン政権2期目/上 経済回復へ緊張緩和模索 人脈生かし米に対抗

テヘランの旧米国大使館の外壁には、ドクロと化した自由の女神が描かれている。両国関係の険悪さを象徴する絵だ=テヘランで2017年5月17日

 イラン大統領選(19日投票)中の5月中旬、あるジョークが首都テヘランで流れた。トランプ米大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官を解任した直後。「イランのアフマディネジャド前大統領も2010年に外遊中のモッタキ外相を解任した。トランプ氏はイランを見習った。道理が分かる男だ」

 イラン人が宿敵・米国を意識し、優越感を持ちたい雰囲気がにじむ。1979年のイスラム革命で親米派国王を追放したイランは以来、米国と対立してきた。同年11月から444日間、米国大使館で現地学生が職員を人質に立てこもった事件も両国関係の固いしこりだ。ブッシュ元大統領は02年、北朝鮮やイラクと並ぶ「悪の枢軸」の一角と非難。イランの核兵器開発疑惑でも両国は衝突した。

 とはいえ、テヘラン市民は米国文化を嫌っていない。若者は米主要スポーツ製品メーカー・ナイキの靴を履き…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文944文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです