メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

子宮頸がん予防ワクチン接種を 機会逃した女子も対象に

 4月に開催された日本産科婦人科学会で大阪大学の上田豊先生の講演にくぎ付けになりました。子宮頸(けい)がん予防ワクチン(以下、「ワクチン」)の接種勧奨中止の影響が出始めているというのです。

 子宮頸がんの原因の100%近くがヒトパピローマウイルス(HPV)によるものです。HPVはごくありふれたウイルスで、性交経験がある女性の80%ほどが50歳までに感染すると言われています。150種類ほどあるHPVのうち15種類ほどが高リスク型に分類され、一部は、自分自身の免疫力で排除されるものの、何らかの理由で高リスクHPVの感染が続くと子宮頸がんになることがあります。その割合は感染者の0・1%ほどと推計されています。

 原因が明らかになったことから、ワクチンの開発が進みました。日本では2010年度から公費助成が、13年4月からは小6から高1の女子を対象に、子宮頸がんの原因の6~7割近くを占めるHPV16・18型のワクチンの定期接種が始まりました。しかし、接種後に痛みや運動障害などの体調不良の訴えが相次ぎ、国は6月に「定期接種はやめないが、積極的な勧奨をしない」ことを決め、それが今日まで4年間ほど続き再開のめどが…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです