メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 母の日、父の日と、親とのつながりを考える行事が多い5~6月。テーマ「子の心、親知らず」には、長年親に言えずに抱えていた深刻な思いをつづったものが目立ちました。一方、大人になって解けた勘違いに心温まる投稿も。ご投稿ありがとうございました。

好きになれない母に募る罪悪感

 私は母を好きだとは言えません。保育園のころ、おしゃれして前髪をピンで留めたとき、母にからかわれ、幼心に「もう何があっても絶対におしゃれなんかするものか」と思ったことが最初だったように思います。母は私のスカートや上着の袖の長さなどが気に入らないと、勝手に直してしまうのです。いまだにです。やめてほしいと何十回言ってもやめてはくれません。

 考え方も違うので、お互いに理解し合えません。長年積もりに積もった思いは、そう簡単に変わることはありません。うまくやっていけない罪悪感が、いつまでも心にトゲのように刺さったままです。(高知県安芸市、匿名希望、パート、52歳)

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文2036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです