連載

おんなのしんぶん・女の気持ちをたずねて

これまで掲載された「女の気持ち」の中から、心に残る作品の投稿者をベテラン記者らが訪ね、さらに奥の「気持ち」や、その人が歩んできた道のりを詳細に描きます。

連載一覧

おんなのしんぶん・女の気持ちをたずねて

滋賀県彦根市・原圭子さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
すっきりと片付いた原圭子さんの部屋。知人の祖母が100歳で縫った赤いミニ着物がお守り代わりだ=滋賀県彦根市で
すっきりと片付いた原圭子さんの部屋。知人の祖母が100歳で縫った赤いミニ着物がお守り代わりだ=滋賀県彦根市で

「女の気持ち」ダイジェスト

 おひとり様になって25年。体力、気力が衰え、孤独と闘う日が続く。子どもに恵まれず、主人とは死別。独りを突っ張って必死に生きて、気づくと人生の最後のターンにさしかかった。「私の一生は何だった?」と自問自答して落ち込むこともあるが、最終章を充実した日々にしたいと、古希を迎えて考えている。<2016年6月12日全国版掲載 「おひとり様の古希」>

この記事は有料記事です。

残り1984文字(全文2168文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集