メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神経難病

自費出版エッセー集、静かな共感 長崎の33歳

 神経の難病である脊髄(せきずい)小脳変性症を患う長崎市の小川法正(のりまさ)さん(33)が自費出版したエッセー集「一人言(ひとりごと)」が、反響を呼んでいる。孤独感、親への思い、次第に自由が利かなくなる自分の体のこと--。短いフレーズの数々に胸を打たれた読者が、小川さんの元に手紙を寄せている。

 小川さんは、15歳ごろから体が思うように動かなくなった。階段を数段飛んだだけで尻餅をつくなど、それまでにはあり得ないことが続いた。なかなか病名が分からず、母の志穂さんと複数の病院を回り、17歳で脊髄小脳変性症と診断された。

 日々の思いをつづるようになったのは、16歳の誕生日に志穂さんからスケッチブックと水彩絵の具を贈られたことがきっかけだった。当時、高校を休みがちになり、志穂さんとの会話も少なくなっていた。「文章なら素直な気持ちを書いてくれるのでは」。そう願った母の贈り物だ。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです