メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

辻井伸行さん ピアニスト

 ◆いにったひと

    ひだり湯本千織ゆもとちおりさん(埼玉県川越市立霞さいたまけんかわごえしりつかすみケ(が)関北小せききたしょうねん)/(みぎ田中燈子たなかとうこさん(兵庫県西宮市立夙川小ひょうごけんにしのみやしりつしゅくがわしょうねん)/(みぎから2ふたり田中潔正たなかきよまささん(同小どうしょうねん

     世界せかい舞台ぶたい活躍かつやくするピアニストの辻井伸行つじいのぶゆきさんがかなでる繊細せんさい音色ねいろは、おおくのひと魅了みりょうしています。読者どくしゃ湯本千織ゆもとちおりさんと、田中燈子たなかとうこさん・潔正きよまささんきょうだいが、うつくしいおと秘密ひみつきました。

    いい音楽おんがくたのしさから

     燈子とうこさん ちいさいころおもきょくなにですか。

     辻井つじいさん 幼稚園ようちえんころ、ドビュッシーの「アラベスク」がきでよくいていたのをおぼえています。

     湯本ゆもとさん そのころ一番いちばんおもは?

     辻井つじいさん 5さいときはじめてったサイパンのショッピングセンターに自動演奏じどうえんそうのピアノがあって、「一曲いっきょくだけ」とおねがいしてリチャード・クレイダーマンのきょくいたら、おきゃくさんがってきて、みんなによろこんでもらえました。人前ひとまえたのしさをりました。

     潔正きよまささん きなきょく得意とくいきょくは?

     辻井つじいさん たくさんありますが、やはりショパンがきで、とくに、あかちゃんのころからいていた「英雄えいゆうポロネーズ」です。得意とくいきょくはいろいろですが、ショパンやリストなどのロマンです。

     湯本ゆもとさん 一番楽いちばんたのしかったコンサートは。

     辻井つじいさん 2011ねんアメリカのカーネギーホールでのデビューリサイタルです。緊張きんちょうしましたが、おきゃくさんにとてもよろこばれ、歴史れきしあるホールで演奏えんそうできた感動かんどう達成感たっせいかんがありました。

     湯本ゆもとさん なぜ、一度聞いちどきいたきょくをすぐにけるんですか。

     辻井つじいさん かんがえたこともないですが、自然しぜんおぼえてしまいます。あたらしいきょくくのがきでたのしいとおもうからでしょうか。

     燈子とうこさん 1(いち)にちにどのくらいピアノをきますか。

     辻井つじいさん コンサートまえは7~8時間じかんくらいです。水泳すいえい山登やまのぼり、カラオケがきで、気分転換きぶんてんかんしながら練習れんしゅうします。カラオケでは氷川ひかわきよしさんのきょくや「マツケンサンバ」などをよくうたいます。きなことがあると、たのしくいい音楽おんがくができるとおもいます。

     潔正きよまささん 今後弾こんごひきたいきょくは。

     辻井つじいさん いずれはベートーベンのソナタ全曲ぜんきょくです。ピアノきょく一生いっしょうかけてもりないほどたくさんあるので、いろいろいていきたいです。【まとめ・田嶋夏希たじまなつき

    ってみて…

    湯本ゆもとさん「握手あくしゅしてもらったあたたかかった」

    燈子とうこさん「プロになっても練習れんしゅうをたくさんしていることにおどろいた」

    潔正きよまささん「リハーサルでピアノのおとけてうれしかった」

    プロフィル

     1988年東京都生ねんとうきょうとうまれ。まれたときからえず、2さいでピアノをはじめ、10さいでデビュー。2009ねんの「バン・クライバーン国際こくさいピアノコンクール」で日本人初優勝にっぽんじんはつゆうしょう作曲さっきょくおこなう。


     このコーナーは、毎小特派員まいしょうとくはいんのみなさんと取材しゅざいします。直接会ちょくせつあって質問しつもんしてみたいひと名前なまえをはがきにいて(あなたの名前なまえ住所じゅうしょ電話番号でんわばんごう学年がくねん性別せいべつもね)、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんいたい」がかりまで。特派員とくはいん登録とうろくは「特派員とくはいんがかりまでもうしこんでね。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
    4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです