メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラから目線

「笛吹く人」を守る=福本容子

 遠いアイルランドでのお話。

 モーリス・マケイブさんという、地方の巡査部長がいて、警察内で繰り返されていた不正に声を上げた。

 すると、追加調査の妨害を受けたうえ、少女に性的暴行をふるったとのニセ情報をまき散らされる。

 性的暴行の話は後に、警察首脳が記者に報道させたことが発覚。警察は「事務処理上のミス」と謝罪したけれど、8年も苦しめられたマケイブ一家は「私たちの人格を打ち壊そうとするしつこい工作活動だった」(夫妻の声明)と憤りでいっぱいだ。

 マケイブさんのような内部告発者を英語でホイッスルブロワー=警告の笛を吹く人、と言う。アメリカにある「ホイッスルブロワー・サポート・ファンド」は、そんな彼らの立場を守ろうと作られた組織だ。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです