メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

法定協対応、自民チグハグ 府議団、修正案提出方針 市議団「設置認める」困惑

 大阪市を廃止して特別区を設ける「大阪都構想」の制度案を議論する法定協議会(法定協)の修正規約案を巡り、都構想に反対する自民の戦術が混乱している。府議団が29日、市議団が市議会への提出を見送った内容での修正案を出す方針を決めた一方、法定協への欠席戦術が浮上している市議団は「修正案を出せば法定協の設置を認めてしまうことになる」と困惑。大阪維新の会と公明の協調にくさびを打ち込む狙いだが、府市でちぐはぐな対応となっている。

 修正規約案は26日に市議会で既に可決され、開会中の府議会でも維新と公明の賛成多数で成立する見込み。府議団は29日の会合で(1)名称を「大都市制度(特別区設置)協議会」から「大阪市廃止・特別区設置協議会」に変更(2)表決数の条件を過半数から3分の2以上に引き上げ--の2点を盛り込んだ新たな修正案の提出を決めた。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです