メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 森林空間線量7割減 「セシウム流入出少ない」 県調査 /福島

 県内各地の森林の空間放射線量が、測定の始まった2011年8月と比べ、おおむね7割減ったことが、県の調査で分かった。セシウムの物理的半減期(放射能の強さが半分になるまでの時間)に従った減衰ペースとほぼ同じため、県は「森林内のセシウムの流入出が少ないことの一つの証し」とみている。【尾崎修二】

 12年以降は、毎年3月に測定している。避難指示解除準備区域での測定も14年に始め、今年は帰還困難区域や居住制限区域を除く1250カ所で測定した。

 このうち11年から継続調査している362点の測定値を比較したところ、11年は平均毎時0・91マイク…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  3. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  4. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  5. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです