メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抑留戦友会

ウズベク友好に旗 舞鶴市に寄贈 /京都

京都府舞鶴市の山口寛士副市長(左)に戦友会の旗を手渡す永田立夫さん=京都府舞鶴市役所で、鈴木健太郎撮影

 第二次大戦後に中央アジア・ウズベキスタンに抑留され、国立ナボイ劇場建設に従事した元日本兵の戦友会「タシケント第四ラーゲル会」の旗が舞鶴市に寄贈された。ウズベクと日本、舞鶴の友好の縁となった劇場を造り、舞鶴市への引き揚げを機に発足した会だが、会員の死去と高齢化で8年前に解散。隊長(故人)の長男が29日、舞鶴市役所を訪問。「友好に生かしてほしい」と委ねた。

 会員は首都タシケントの収容所(ラーゲル)の抑留者。完成した劇場は1966年の大地震でも壊れず、日本…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文663文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです