メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抑留戦友会

ウズベク友好に旗 舞鶴市に寄贈 /京都

京都府舞鶴市の山口寛士副市長(左)に戦友会の旗を手渡す永田立夫さん=京都府舞鶴市役所で、鈴木健太郎撮影

 第二次大戦後に中央アジア・ウズベキスタンに抑留され、国立ナボイ劇場建設に従事した元日本兵の戦友会「タシケント第四ラーゲル会」の旗が舞鶴市に寄贈された。ウズベクと日本、舞鶴の友好の縁となった劇場を造り、舞鶴市への引き揚げを機に発足した会だが、会員の死去と高齢化で8年前に解散。隊長(故人)の長男が29日、舞鶴市役所を訪問。「友好に生かしてほしい」と委ねた。

 会員は首都タシケントの収容所(ラーゲル)の抑留者。完成した劇場は1966年の大地震でも壊れず、日本…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文663文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]