メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

社会を映す/6 畏れから尊敬へ 勤労奉仕、震災後に増加 国民、公務に感謝

各時代の皇居の開放度合い

 3月14日午後、皇居にある宮内庁舎脇の建物の中で天皇、皇后両陛下が「勤労奉仕」の参加者と面会された。勤労奉仕は皇居の清掃などをボランティアで行い、この日は6団体が参加した。両陛下は整列する各団体に「ご苦労さまです」「ありがとう」と声をかけて回った。

 地元農協の募集に応じ初めて参加した新潟県南魚沼市の駒形智枝子さん(63)は「両陛下はとても優しくて包み込むような温かい雰囲気だった」と振り返る。面会後に建物を出る際、皇后さまがよろけ、天皇陛下が素早く手を差しのべた。同じく初めて参加した南魚沼市の山崎輝代さん(63)は「両陛下の仲の良さが伝わってきた」と話す。

 皇居の勤労奉仕は、15~75歳の男女で構成する地域や職場の仲間同士などの団体(15人以上60人以内…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです