メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

人口減社会 地方の現場から=川村咲平(秋田支局)

秋田県内の業界団体の担当者が、学生に仕事内容などを説明するセミナー。若者を県内に引き留めようと企画された=秋田市で2月21日、川村咲平撮影

地域超え、危機感共有を

 秋田県は先月、4月1日現在の県人口が99万9636人で、87年ぶりに100万人を下回ったと発表した。鳥取(約57万人)など9県より多いものの、2016年の人口減少率は1・30%で4年連続で全国ワーストだ。06年以降は毎年1万人以上減り続けており、国立社会保障・人口問題研究所は、40年にピークだった1956年(約135万人)の半分の70万人を下回ると推計する。数字だけではリアリティーが湧きにくいものの、現場を取材すると、待ったなしの危機的状況にあることをひしひしと感じる。

 秋田市中心部から北に約10キロの同市金足黒川地区。かつては木炭や油田産業が盛んで県外からも多くの労…

この記事は有料記事です。

残り1774文字(全文2073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです