メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「ロウハニ流」の行方

イラン政権2期目/中 外交より水問題 産業構造や意識改革急務

 テヘランは暑い。大統領選最終盤の5月中旬は気温が連日35度前後に上がり、取材中に何度も水を飲んだ。記者の支局があるエジプトの首都カイロより、ミネラルウオーターのボトルを持つ人々はずっと多く思える。

 水は、イランでは深刻な問題だ。「管理が不適切。だから水不足の地方から都市部への移住が相次ぐ」。大統領選立候補者の4月の討論会で、候補者の一人だったミルザリム元大統領顧問がそう熱弁した。

 国土の9割が乾燥地帯のイランは年間降水量が約220ミリと日本の8分の1程度。だが国連食糧農業機関(…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです