メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

支払い漏れ対応部署へ異動 セゾン自動車火災保険社長・梅本武文さん

2008年、当時のサービスセンター企画部のメンバーと。右から3人目が梅本さん=本人提供

若手・女性登用で成長

 2007年7月、損保ジャパン(現損保ジャパン日本興亜)の「サービスセンター企画部」企画グループ長へ異動を命じられました。全国約270カ所にある顧客対応サービスセンターなどの保険金支払い部署がスムーズに運営できるよう、バックアップするのが業務です。

 00年代半ばの損保業界は、保険金の支払い漏れ問題に揺れていました。1998年7月に保険料率が自由化されて競争時代に突入、商品開発競争が過熱し、商品が複雑化していました。事故の連絡を受けたら契約に沿って保険金を支払うのは当然なのですが、細かな特約については「請求があれば支払う」といった「請求主義」に陥っていたのです。当社も例外ではなく、前年に金融庁から業務停止命令を受けていました。

 異動先は、支払い漏れに対応する本丸中の本丸の部署です。88年に旧安田火災海上保険に入社以降、主に営…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです