メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

梅雨のヘアケア 根元からしっかり乾燥

ヘアスタイリング剤が並ぶ売り場。スタイリング剤で髪をまとめればセットした形をキープしやすい=東京都内で

 梅雨の季節に、きちんとセットしたはずの髪の毛が広がったりうねったりして悩んだ経験はないだろうか。湿度が高くてもきれいにまとまるヘアケア方法を、花王「ヘアケア研究所」の主任研究員、杉野久実さんに聞いた。

 雨の日や湿度が高い日は、ヘアスタイルが決まりにくい。その原因は、空気中の水分や地肌の汗によって髪が水分を取り込み、形が変わりやすくなることにある。

 杉野さんによると、乾いている髪の内部では、たんぱく質など毛髪を形成する成分がしっかりと水素結合しているため、一本一本の形が変わりにくいという。一方、髪がぬれたり湿度が高かったりして内部に水分が取り込まれると、水素結合が緩くなり、形が変わりやすくなる。ぬれて形がゆがんだまま再び乾くことで、ハネやうねりがつくという。もともとくせの強い髪質の人は、湿度が高いとくせが強く出てしまう。また、それぞれの毛髪…

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです