メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ◆反対

違法な証拠収集の恐れ 弁護士・上柳敏郎氏(60)

 犯罪を計画していたかどうか。捜査機関が「共謀罪」を立証するには、その証拠収集が必要だ。間違った対象が選ばれ、無理な証拠収集が行われる恐れはないだろうか。

 2010年、警視庁公安部の捜査資料がインターネットに流出した。日本在住のイスラム教徒の人々や捜査協力者約1000人の氏名、住所、写真を違法に収集したとみられるものだった。子どもを含む犯罪と無関係の人たちが捜査対象とされ、信仰の場であるモスクで行動を観察された…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです