メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ◆反対

 犯罪を計画していたかどうか。捜査機関が「共謀罪」を立証するには、その証拠収集が必要だ。間違った対象が選ばれ、無理な証拠収集が行われる恐れはないだろうか。

 2010年、警視庁公安部の捜査資料がインターネットに流出した。日本在住のイスラム教徒の人々や捜査協力者約1000人の氏名、住所、写真を違法に収集したとみられるものだった。子どもを含む犯罪と無関係の人たちが捜査対象とされ、信仰の場であるモスクで行動を観察されたことをうかがわせるものもあった。民事訴訟では、警…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです