メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新世代大関・高安

大相撲/上 兄弟子・稀勢と切磋琢磨

 大相撲の関脇・高安(27)の大関昇進は31日、日本相撲協会の理事会で正式に決まる。平成生まれの大関はモンゴル出身の照ノ富士(25)に続いて2人目で、日本出身は初。「新世代を引っ張っていきたい」と意気込む高安が、兄弟子で同郷の横綱・稀勢の里を追って躍進した背景と、「平成新世代」の現状を追う。

 夏場所千秋楽から一夜明けた29日の田子ノ浦部屋(東京都江戸川区)。昨年の九州場所以来、2度目の挑戦で大関の座を射止めた高安は記者会見で「大関取りに一度失敗した経験を生かすことができた」と語った。

 高安は昇進の目安とされる「三役で直近3場所33勝」をクリアしただけではない。今年の初、春、夏の3場…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文952文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです