退位

付帯決議案「女性宮家」を明記 自民が譲歩

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
付帯決議を巡る与野党見解の経過
付帯決議を巡る与野党見解の経過

検討開始時期 焦点に

 天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り、衆院の佐藤勉議院運営委員長(自民)は29日、安定的な皇位継承に向け、女性皇族が結婚後も皇族に残る「女性宮家」の創設を検討することを盛り込んだ付帯決議案を各党に示した。民進党に加え、これまで慎重だった自民党が「女性宮家」を明記することを容認する方針を固め、「女性宮家創設」の文言が決議案に明記される見通しになった。

 佐藤氏の案は「女性宮家の創設等」と明記することで民進党の主張に配慮する一方、政府が検討を始める時期については、自民、公明両党が主張していた「法施行後速やかに」とした。国会への報告については「速やかに」としたが、期限は区切らない内容。各党は30日の議運委理事会で協議する。自民、公明両党は佐藤氏の案を受け入れる方向だが、民進党は「なるべく早く期限を区切って結論を出すべきだ」(野田佳彦幹事長)としてお…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文1036文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集