メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

増えてます「清酒女子」 すっきり、フルーティーな味うけ

店員の西山佳那さん(左)に薦められた秋田県産の日本酒を楽しむ倉嶋紀和子さん=東京・丸の内で2017年5月22日、丸山博撮影

 夜のちまたをふと見回すと、日本酒をたしなむ女性が増えている--。そんな気がしませんか。しかも「とりあえずビール」ではなく、1杯目から日本酒を注文する姿も。そんな「清酒女子」の今を確かめたくなって、酒場や蔵元にぶらりと足を運んだ。【井田純】

 「若い頃はべたっとしたものが多かったけど、最近は質の高い、飲みやすい日本酒が増えましたよね」。編集者の倉嶋紀和子さん(43)がグラスを傾ける。お酒好きが高じて、勤務先の出版社で雑誌「古典酒場」を創刊し、編集長を務めた。独立した今の名刺には、自身のキャッチコピーのごとく「酔女(すいじょ)」の文字が躍る。

 これ、グイグイいっちゃいますね、というグラスの中身は「出羽鶴純米吟醸 クラムボン」(秋田清酒)。か…

この記事は有料記事です。

残り2300文字(全文2622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです