メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/5 演出家・鵜山仁 発信力の多角化を

インタビューに答える鵜山仁=東京都新宿区で、中村藍撮影

 <文学座内外で精力的に活動し、高い成果を上げている演出家の鵜山仁。舞台芸術学院を経て文学座付属演劇研究所へ。1982年に座員に昇格した>

 舞芸に在学していた頃はちょうどアングラ演劇が拡散していこうとしていて、それが都市文化の中に取り込まれていった時期でした。やりたいことをやるためには、劇団を作らないとと思って舞芸に行ったけど、なかなか縁がなかった。新劇は見ていなかったわけじゃないけど、23、24歳くらいになって改めて見ると、文学座では水上勉さんの芝居とかやっていて、いろんな世代、いろんな表情、いろんな経験、いろんな目的を持った人がぶつかり合って、うごめいていた。そういう景色にある面白さを感じる年齢になっていた。こういう中に入っていくのが、今の自分に向いてるんじゃないかと思いました。

 <82年の「プラハ1975」(ヴァーツラフ・ハヴェル作)でアトリエ、87年の「愛と偶然の戯れ」(マリヴォー作)で本公演デビューした>

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです